タイトル画像

1/25 再造林事業詳細~連載記事①~

2013.01.25(07:33) 206




おまたせしました。。



今日は森林整備事業の連載記事です。今日からタイトルに番号をふってみましたw




「伊万里木材市場の森林整備は再造林をしています。」とは前回の記事でお話ししましたが、具体的なことを話したいと思います。






まず、うちの事業ではスタート地点に皆伐施業があります。


(皆伐施業には賛否両論ありそうですが、その話をしだすと長くなるので又別の機会に…)







立ち木を見積もりし、購入させて頂く。



その契約時に、再造林についても協定あるいわ契約を結び事業を開始させます。



弊社の事業を行う事業体の皆様には、基本的に皆伐+再造林をセットで請け負って頂いています。





皆伐の時に 再造林の事を考えながら作業して頂く為です。




現在の伐採はほとんどが機械を用いた作業です。



伐採が終了した時点で、さぁ人力での地ごしらえ(植林の準備の為に枝条葉を整理し棚積みすること)なんて無理な話。





機械でできるところは機械で地ごしらえ。



伐採が終わり機械を撤収する時点で ほとんど植林準備は出来あがっています。




それから 周囲測量し 苗・鹿ネットの数量を正確に測定。




発注、納品を経て  鹿ネットの設置。



苗搬入 + 苗検査  ( ←苗の品質は数十年の森林のすべてに関わってきます超重要)


       ・・・・・超重要って変換しようとしたら 鳥獣用ってでてきた



そして 植林  + 検査





もちろん造林補助金を受け取っていますので、県からの検査も受けるのですが社内の検査も厳しいです







そして その後は 夏場の下刈





という流れになります。





いたってシンプルな施業です。






森林整備事業地は 森林所有者さまの土地です。



新たに再造林した立木への分収権も設定していません。



資源を更新し、未来の木材資源をつくりだすための橋渡しの事業です。







では長文失礼しました。



連載②につづきます!









伊万里木材市場


2013年01月
  1. 1/25 再造林事業詳細~連載記事①~(01/25)
次のページ
次のページ