タイトル画像

検査

2014.05.22(17:00) 294

今日は県の検査を受けに行ってきました

001_R_20140527124523cba.jpg

私は検査に同行したのは初めてだったのですが、
女性ばかり4人(県の方2人、伊万里2人)で行う検査はあまりないようで・・・
女子率100%でした

002_R_201405271245247e4.jpg

女性が輝ける林業の現場というのも素敵でしょう?

伊万里木材市場


タイトル画像

1/25 再造林事業詳細~連載記事①~

2013.01.25(07:33) 206




おまたせしました。。



今日は森林整備事業の連載記事です。今日からタイトルに番号をふってみましたw




「伊万里木材市場の森林整備は再造林をしています。」とは前回の記事でお話ししましたが、具体的なことを話したいと思います。






まず、うちの事業ではスタート地点に皆伐施業があります。


(皆伐施業には賛否両論ありそうですが、その話をしだすと長くなるので又別の機会に…)







立ち木を見積もりし、購入させて頂く。



その契約時に、再造林についても協定あるいわ契約を結び事業を開始させます。



弊社の事業を行う事業体の皆様には、基本的に皆伐+再造林をセットで請け負って頂いています。





皆伐の時に 再造林の事を考えながら作業して頂く為です。




現在の伐採はほとんどが機械を用いた作業です。



伐採が終了した時点で、さぁ人力での地ごしらえ(植林の準備の為に枝条葉を整理し棚積みすること)なんて無理な話。





機械でできるところは機械で地ごしらえ。



伐採が終わり機械を撤収する時点で ほとんど植林準備は出来あがっています。




それから 周囲測量し 苗・鹿ネットの数量を正確に測定。




発注、納品を経て  鹿ネットの設置。



苗搬入 + 苗検査  ( ←苗の品質は数十年の森林のすべてに関わってきます超重要)


       ・・・・・超重要って変換しようとしたら 鳥獣用ってでてきた



そして 植林  + 検査





もちろん造林補助金を受け取っていますので、県からの検査も受けるのですが社内の検査も厳しいです







そして その後は 夏場の下刈





という流れになります。





いたってシンプルな施業です。






森林整備事業地は 森林所有者さまの土地です。



新たに再造林した立木への分収権も設定していません。



資源を更新し、未来の木材資源をつくりだすための橋渡しの事業です。







では長文失礼しました。



連載②につづきます!









伊万里木材市場


タイトル画像

1/22 再造林放棄

2013.01.22(07:46) 203





皆さんこの写真をみてどんな印象をうけるでしょうか??


P1190419.jpg



平成19年、弊社が購入した約120ヘクタールの社有林です。



弊社に権利移転した直後「植栽命令」が届きました…。



写真中央部分は、弊社が伐採中の様子が映っていますが、その後方の伐採跡地、手前の伐採跡地。


いずれも伐採して10年ほどが経過していました。


天然更新???


自然遷移??


ここでは生える草木はほどんどが鹿にたべられていました。




では、以前の森林所有者がいけなかったのでしょうか?

いいえ。森林の更新が森林所有者のみの肩にのしかかるというのはあまりに酷なことではないかと思います。




戦後、国や県は人工造林を増やすべく、拡大造林を推し進めてきました。


おかげで現在は、世界有数の森林率、木材蓄積量を誇る森林国となることができました。


しかし、木材価格高騰を背景とした森林の経営方針は崩れ、補助金に頼らなければ


手入れも難しいという状況になっています。



今は、皆が森林について考え、今後の方針を模索しています。


私たちはその中で、森林所有者が植栽することが難しければ、再造林をしよう。


再造林をしただけでは 育つのが無理ならば 下刈もしよう。


そう方針を打ち出したのです。




木材を売りたい人、買いたい人の橋渡しをするのが木材市場ですが、



その背景には、森林があり そこで森林を育ててきた人がいます


私たちは その思いを受けて 木材を必要とするところに 木を買って頂き、


そして森林の資源を更新し 次世代につなげていく



その為に 森林整備事業の部門では


再造林(地ごしらえ、植付、下刈)の提案と施業を行っています。





伊万里木材市場


タイトル画像

1/21 森林整備事業について

2013.01.21(11:13) 202




ひさしぶりの更新になりまして・・・申し訳ありません



いままで、森林整備事業の現場の様子をブログに掲載してきましたが




そもそも伊万里木材市場の森林整備事業って何??



など 細かいお話をしてきませんでしたので



何回かに分けて 色々と説明していきたいと思います~




これについて聞きたい!


詳しく教えて!



などありましたら是非コメント頂ければと思います。




山林売買、立木売買、原木売買、伐採請負、スギヒノキ苗、鹿ネット、新しい造林方法、造林・下刈請負などなど、事業として関わっている分野は多く、私たちも知識を増やさなければ!と邁進中です。



HPやフェイスブックページを通してでもかまいませんので、いろんな方からご意見頂ければ嬉しいです



…では、今日は長くなってしまったので連載は明日からw






伊万里木材市場


タイトル画像

12/21 事業地

2012.12.21(11:41) 198

経営番号121 大分県豊後大野市緒方町 K様



新たな事業地が増えました








CIMG2472.jpg




伊万里木材市場


森林整備について
  1. 検査(05/22)
  2. 1/25 再造林事業詳細~連載記事①~(01/25)
  3. 1/22 再造林放棄(01/22)
  4. 1/21 森林整備事業について(01/21)
  5. 12/21 事業地(12/21)